HOME企業買収コンサルティング企業買収サポート
企業買収サポート

企業買収では既存企業の株式を100%取得し、対象企業の子会社化を行います。
この完全企業買収では顧客情報や生産・販売拠点をはじめ、現存する人材や企業ノウハウなどを一括取得が可能ですから、すでに完成されたビジネスモデルを利用して事業を継続運営することが可能です。
低リスクで事業の拡大や新規分野への参入が果たせる企業買収は海外初進出となる企業や新規分野への参入を図る企業に最短距離で戦略的目標を達成できる有力な選択肢となります。
JBCでは企業価値算定および将来の市場予測に重点を置き、クライアントが対象企業を適正な価格で購入できるようにサポートします。

想定される対象企業
飲食料品生産拠点設置 ファーム、ワイナリー
工業製品生産拠点設置 ファクトリー
現地販売拠点設置 ホールセラー・リテールストア、飲食店

企業買収サポートのプロセス

1.事前ヒアリング
クライアントからヒアリングを行い、M&Aの目的、予算、各種条件の確認を行います。

2.対象企業の選定および調査
ヒアリング結果を基に候補企業のリストアップ、選定と調査を行い対象企業の絞込みを行います。

3.対象企業との交渉
対象企業に買収の案件を持ち込み、売却意思の有無および条件等の確認を行います。

4.企業価値算定(デューデリジェンス)
対象企業を法務面、事業面および財務面から分析を行い、現時点の事業の健全性や価値の正当性、ビジネスの可能性を判定します。

5.市場予測
市場およびマーケットの動向や立地を考慮し売上予測を算出し、企業価値の修正を行います。

6.買収価格交渉
調査結果を基に企業の正味現在価値を算出し、対象先企業と最終交渉を行います。

M&A事例

オークランドの北部ノースショア市の商業地域に店舗を構えるKレストラン

売却を考えていたオーナーは弊社のクライアントの推薦でJBCに売却サポートの依頼を行った。その後、買い手を見つけたJBCは売買金額の調整や財務分析などのデューディリジェンス、売却に伴う弁護士との仲介を行い、売買交渉を成立させた。Kレストランは現在、新しいオーナーの元で順調に業績を伸ばしている。

海外販路を見つけたO氏の会社

日本で和風小物やアクセサリーの販売を行っていたOさんは海外の販路を探していた。Oさんからニュージーランドでの販路開拓の依頼を受けたJBCはオークランドで日本製品を扱うM社に業務提携の話を持ちかけた。JBCは業務提携の際の各種手続きのサポートを行いOさんはM社の発行済み株式の一部取得を通じて資本参加を果した。今ではM社の店頭にOさんの商品が並んでおり、Oさんは無事にニュージーランドへの販路を確保することができた。

PAGE TOP